2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

固定ページ

飲料物についているノベルティをコレクションする夫と息子

最近ノベルティを商品のおまけにして、商品価値を上げるようなキャンペーンを行っている場面をよく見かけます。特に目につくのがペットボトルや缶コーヒーなどの飲料系です。ペットボトルキャップや携帯ストラップ、エコバックなどが付くことがあります。また明らかに男性を意識したようなコレクション玩具をノベルティとしておまけのような形でつけて販売しています。主人もそうですが、子どもの頃ミニカーやロボット系のアニメーションなどにはまり、30歳を過ぎて自分で自由なお金ができたので新たにコレクションをするようになりました。我が家には5歳の息子もいるので、子どもを味方につけ一緒になって集めています。コンビニやスーパーなどで安価で手に入るこれらのノベルティは、大人も楽しめますし、子どもへのお土産としても十分役を果たします。

主人は息子にあまりおもちゃを買い与えるようなことはしませんが、毎朝買う缶コーヒーはおまけが息子の好きそうなものがあるといつもの銘柄を変えてまで、そちらを購入しているようです。私はコレクションするのが比較的苦手なので、主人や息子が喜ぶ気持ちが今一つわかりませんが、主人たちのように喜ぶ人たちがたくさんいるからこそ商品もたくさん売れるんだろうなと思いました。ノベルティ商品を目にする機会が最近とても増えました。商品のおまけのようについていたり、ポイントをためて申し込むと無料で配布してくださったりと、無料で貰うにはお得感のあるものがたくさんあります。もちろんノベルティを身に着けたり、使い続ければ、草の根的な会社の広告効果が上がることは間違いありません。ただし、無料で客に配布するものとはいえ、日ごろから持ち歩いたり、使いたいと思うような素敵な商品である必要もあります。一昔前までは、各社似たような商品を展開していましたが、最近ではデザインや商品自体にも大きな工夫が見られ、おしゃれに使えるものも多くなりました。私が一番注目しているのは、エコバックです。今や一人一つをかばんに入れておくのが当たり前の時代ですが、スタイルやサイズなども様々なので、いくつあっても楽しめます。

実際に私も8つほど使用していますが、そのうち5つは企業のノベルティ商品です。ただ、企業の名前が入ったエコバックはもっとあるのですが、あまりセンスが良くないものは使うのをためらってしまい箪笥の肥やしになってしまっています。最近では、私も本当に欲しいもの、使えるものだけをもらうということにしています。